居酒屋は深夜になると時給アップの期待

高度経済成長期はいろいろなものが24時間体制で作られていたと聞きます。

24時間操業の工場で高時給の仕事

居酒屋は深夜になると時給アップの期待 高度経済成長期はいろいろなものが24時間体制で作られていたと聞きます。3交代制で常にラインが動いている状態だったようです。現在でもそういった会社はあるでしょうが、必ずしも多いわけではありません。24時間体制の場合は常に誰かが仕事をしている状態になります。昼間であったり夕方などに仕事をする人もいれば深夜に仕事をする人もいます。

高時給で仕事をしようとするなら24時間操業している工場などが良いかもしれません。よく知られているのは食品加工などの工場です。コンビニ向けのお弁当などを作っている工場は深夜も操業しています。お弁当が必要になるのは朝から昼間にかけてがメインです。ですから夜に作っておかないと朝に間に合いません。大変な中で仕事が行われます。

お弁当作りなどはある程度仕事がルーチン化されているようです。一人で一つのお弁当を作るのではなく、それぞれの人は入れる食材が決まっています。流れてくるお弁当にそれをどんどん入れていきます。眠たくて辛そうですが、ラインがそれなりに速いので眠さを感じている暇はないようです。そのため仕事自体はしっかりすることができます。自宅から近いところなどを選ばないと出勤などに困ります。

関連記事・情報